エアコンを上手に使って夏を快適に過ごす

エアコン自分でお掃除方法

夏になりエアコンをつけると「カビ臭い」なんてことありますよね。
清掃業者に頼むのが一番ですが、なかなかそうもいかないのが現実です。
そこで、エアコンを自分で掃除する方法を説明します。
まずはフロントパネルを開け、フィルターを外し、洗剤とスポンジで水洗いしたあと、しっかり乾燥させましょう。
次にルーバーを開けると、くるくる回るファンが見えますので、これを、歯ブラシと雑巾で丁寧にほこりを取っていきます。
ここは根気がいる作業です。
最後に冷却ファンですが、ここは中まで手が届かないので、エアダスターを使います。
エアダスターとは、細かい部分のほこりをとるためのスプレーで300円前後で購入でき、エアダスターを使うことで、中のほこりやカビを出すことができますので、あとは雑巾で拭きとれば終了です。
エアコンが汚れていると、日常で汚れた空気を吸うことになり、さらに電気代もかかりますので、半年に1回くらいは、掃除をすることをお勧めします。
最後に、掃除をするときは必ず電源を切ってから行なってくださいね。

エアコンの掃除は専門業者にお任せ

エアコンの掃除をしたいと考えているのであれば、専門業者に任せるようにしましょう。
いろいろな業者がいるのでどの業者にしたら良いか分からないかもしれませんが、ランキングサイトなどを見て、評判の良い業者にチェックを入れれば、だんだん頼れる業者がどこになるのかが分かってきます。
素人が掃除をしても、絶対に細部にわたってきれいにすることはできません。
できるかもしれませんが、非常に時間がかかってしまいます。
そういったことを考えると、エアコンの掃除を専門としている業者にしっかりと話を通し、やってもらったほうが良いと言えるでしょう。
エアコンは本当にきれいにするのが大変な家電製品です。
かといって放っておくと、汚い空気が出てきてしまうため不衛生だと言えるでしょう。
定期的に洗う必要があるので、担当になってくれる業者を早い段階でチェックし、決めておいた方が良いです。
そうすれば、より安心して使いこなすことができるようになるでしょう。

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>

PAGETOP▲